おたすけの てだすけ ▽

アニポケが大好きな男のポケモンブログ

イケメンは何しても大体許される

f:id:otsk_poke:20210921161610j:image

月と太陽 コハルとハルヒ 感想

脚本:松井亜弥

絵コンテ:齋藤徳明

演出:又野弘道

作画監督:新城真、升谷有希

 

 

コハルのそっくりさん

f:id:otsk_poke:20210921163405j:image

似すぎっていうかただのコピペだろこれぇ!

何で髪型まで一緒なのか。

 

f:id:otsk_poke:20210921204010j:image

サルビアとヒカリ、マサトとマサトは髪色とか髪型とか違ったのに。

 

f:id:otsk_poke:20210921204105j:image

そしてエーフィとブラッキーとの対面。

いつものブイズを通したコハルとブイズの将来の夢を探す旅だ。

 

エーフィとブラッキーが進化した理由

f:id:otsk_poke:20210921205848j:image

エーフィ→イーブイの頃からハルヒに忠実だったから

ブラッキー→エーフィのことが大好きだったから

 

ツイッターのハッシュタグではみんな頭に「???」が浮かんだ状態なのがよく見られたがこれには一応訳がある。

 

f:id:otsk_poke:20210921210051j:image

エーフィは三世代でこういう図鑑説明があるということ。

だけどこれを知らない人は沢山いるから作中で説明すべきだったね。

 

ブラッキーに関しては新無印一話でピチューがガルーラに懐いてピカチュウに進化したことを考えるとエーフィに懐いて進化してもおかしくはないはず。

 

 

 

 

 

 

 

まあ昼にクロバット(敵ポケモン)と戦って進化したらダブルエーフィになってたんだけどな。

ブラッキーの進化理由適当すぎだろ

 

コハル、誘拐される

f:id:otsk_poke:20210921210410j:image

ハルヒと勘違いされ誘拐されたコハル。

まあ定番ネタやね。

 

f:id:otsk_poke:20210921210441j:image

結局普通にハルヒがいて狼狽するカツキくん。

サトシのヨルノズクに見慣れてるからこのヨルノズクが大きく見える(サトシのヨルノズクは通常よりもやや小さい個体)

 

f:id:otsk_poke:20210921211121j:image

拐われたコハルをエーフィのみらいよち能力をまねっこして探すイーブイのシーン。

ここに関しては俺も含めてみんなワケワカメ状態だったけど雑誌でのインタビューで「イーブイがエーフィのみらいよち能力をまねっこした」と書かれていた。

松井さん、これもちゃんと説明せえや。

 

これもう「月と太陽、カツキとハルヒ」だろ

f:id:otsk_poke:20210921211247j:image

乱入してきたカツキとのバトルも終えてハルヒとカツキのレスバタイム

カツキは自分の名前を名乗りたがらなかったが自身の名前にコンプレックスがあるようだ


f:id:otsk_poke:20210921211250j:image

その理由がカツキの子孫が城主の乗っ取りに失敗したからだ。

 

f:id:otsk_poke:20210921212425j:image

どうやら城主の乗っ取りをしようとしたのは「ツキ」の名前を持つ弟(側近)だったらしい。

 


f:id:otsk_poke:20210921211242j:image

ここのハルヒの説得から徐々に晴れるのいい演出だなぁ。


f:id:otsk_poke:20210921211245j:image

復讐に走っていたカツキだったがハルヒが受け入れたことにより蟠りもなくなった模様。

彼女と彼の関係性を太陽と月で例えたような回だったね。

 

 

今からでも遅くないからタイトル変更しようぜ。

 

 

やっぱりイケメンが正義ってコト!?

f:id:otsk_poke:20210921213008j:image

誘拐&城主乗っ取りというとんでもないことをやらかしたカツキくんだが許されてしまう

 

ヤバシくんも許されたが彼は許されない部分があった。

 

 

 

そう、視聴者から許されなかった。

みんなの反応を見ても「何でジュンサーさんに捕まってないの?」「構ってちゃんヤバw」「早くお縄につけよ」とボロクソに言われていた

しかしカツキくんに関しては「こんな過去があったなんて可哀想。これから幸せな道を歩んで欲しい」「ハルヒとカツキくっついて欲しい」「カツキくんかっこいいね」と批判の類が見られない。

でもな、これは俺も分かるんだわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

だって俺もカツキくんイケメンだから許しちゃうもん。

ヤバシくんはブサイクだしデブだし口調キモいしオタクっぽいしマイナスがゼロになっただけで許されてるの生理的に無理!wって感じだしな!😊

 

 

俺が今回のアニポケから学んだのはイケメンなら多少の罪は許されるということでした。

サンキュー、アニポケ。また一つ勉強になったぜ。

ん?ハルヒの言っていた弱いところを助け合って補い合う精神は勉強にならなかったかって?

んなもんあんな小娘が言わずともみんな知ってることだろ😡

これに深いとか言ってるコハルは浅いぞ😡

 

おたすけ評価

f:id:otsk_poke:20210921213850j:image

月と太陽、コハルとハルヒ:★★

おたすけ評価星二つ!

  • 重要回の評価基準
  1. 起承転結
  2. 主役の活躍度
  3. ドラマ性
  4. 展開
  5. 演出
  6. 作画
  7. 掘り下げ
  8. その他

上記の内幾つかの項目を満たしている。またはどれかに特化しているか。
赤文字がプラスポイント青文字がマイナスポイントだ。
また上記の項目は上から重要な物になっていくがこれは人の好みによって評価が変わるためあくまでもおたすけの評価として見てください。

 

展開

ハルヒとカツキの名前と「月と太陽」の設定から作るストーリーは丁寧に描けていました。

カツキの復讐心を溶かすのに別方向から受け入れるという点やハルヒの価値観に大人っぽさを感じ、城主の器を感じさせてくれましたね。

 

演出

とっても良かったと思います。

上記でも語ったけど情景が晴れる演出はカツキの心情も表していて、復讐に走っていたカツキが浄化されるというのが一目でわかるワンシーンでしたね。

 

主役の活躍度

完全にカツキとハルヒだけの世界でまとまっていて、まさかこんなにもサトシ、ゴウ、コハルが必要のない話になるとは思わなかった。

もちろん手持ちポケモンの活躍もほぼなし。

レギュラーが必要ない話を作るのはさすがによくないね。

 

掘り下げ

これに関しては何としても言いたい。コイツらには自我(おたすけ語録)が足りない。

ハルヒが助け合う時の大切さを説いてる時のサトシゴウコハルの反応は「すげえ!」「深い!さすが日食城の城主!考えることが深い!」と言っていた。

 

この記事でも似たようなことを書いてるけど思想誘導をハルヒがしているにも関わらず三人は在り来りな返事しか出来ていない。

サトシとゴウはハルヒのどういう部分にすごいと思ったのか、コハルはどういうところを深いと思ったのか。

こういう部分も彼らの考えが知れる掘り下げに当たる部分で在り来りから脱したキャラとしての自我を持つことが出来るチャンスだ。

上記の記事に書いてあるスパルタシンジや貧乏人ムサシ、オタクなザオボー&コジロウはキャラとしての自我を出していたがこの三人はそれがなかった。

俺が新無印の日常回の評価が低い理由として日常回は一般的に横軸に当たる部分で横軸はキャラの掘り下げを重点に置いている。

新無印は自我を出さなかったり、キャラ(主に手持ち)の出番が少ないせいでこれらの掘り下げが少ないことが低評価の理由の一つだ。

そして今回ハルヒが思想を誘導してくれたにも関わらずここら辺雑なのがすげえ気になった。

 

あと俺ガイルのヒッキーが「深いとか言ってる奴は大体浅い」って言ってたぞコハル。

 

展開

ブイズ旅ってコハルとイーブイの将来の夢を探す旅だったはずだけど結局コハルもイーブイとちょっと戦ったこと以外は蚊帳の外で大きく成長した証が見れなかった。

縦軸の評価は目的の進捗度も大きく関わっていて、前回学んだことは「ポケモンが大好きなトレーナーの生活に寄り添い進化する」というコハルとイーブイの道を直接的に示すものだった事に対して今回のブラッキー、エーフィ両者共にそのポケモンの性質に合わせただけの進化だった。

この二匹の進化にもう少しハルヒの生活を絡めたり出来ればこのマイナス評価はプラスに変わっていただろう。

 

最後のまとめ

f:id:otsk_poke:20210921213852j:image

ゲストのストーリーとしては悪くないけどコハルの物がとしては微妙、ついでに日常回としても微妙な評価となる回だった。

ハルヒとカツキ、コハルとイーブイという両者のテーマがあるからまとめきれなかった印象がある。