おたすけの てだすけ ▽

アニポケが大好きな男のポケモンブログ

ダンデのゴリランダーは果たして本当に強かったのか?

f:id:otsk_poke:20221122052637p:image

 

 

 

強すぎると噂のゴリランダー

f:id:otsk_poke:20221122052822j:image

マスターズトーナメント準決勝からダンデのゴリランダーが強すぎるとTwitterの各所から声が挙がった。

実際一回戦、準決勝、決勝戦と全ての試合で活躍をしているほどだ。

今回はダンデのゴリランダーは実際にどのくらい強いのか考察していこうと思う。

 

マスターズトーナメントでのゴリランダーの戦績

f:id:otsk_poke:20221122053052j:image

合計7匹撃破:ゴリランダー(ダンデ)

合計6匹撃破:ピカチュウ(サトシ)

合計3匹撃破:リザードン(ダンデ)、ルカリオ(サトシ)、ミロカロス(シロナ)、ミカルゲ(シロナ)、サーナイト(カルネ)

圧倒的撃破数!!!

ピカチュウの6匹も化け物だが数だけで言えばゴリランダーが一番だ。

ダンデのゴリランダーとサトシのピカチュウは他のポケモンの倍以上倒している。

 

結論からいえばゴリランダーは強い

f:id:otsk_poke:20221122053452j:image

マスターズトーナメント合計撃破数7匹を見ての通りゴリランダーが強いのは間違いない。

なぜならマスターズトーナメントは世界最強クラスのトレーナーが集まる大会だからだ。

では、ゴリランダーはどれくらい強いのだろうか?

サトシのピカチュウに勝てる?じゃあ、ルカリオには?キョダイマックスゲンガーに勝てる?シロナのガブリアスは?ダイマトゲキッスは?ミカルゲは?ダイゴのメガメタグロスは?

なんて実際に戦ってない強敵はいくらでもいるが比較するのは難しい。

ダンデのゴリランダーは他のチャンピオンのエースに匹敵するほど強いのかどうかが主題となる。

 

ダンデのゴリランダーが強い理由

f:id:otsk_poke:20221122053702j:image

では、マスターズトーナメントでのダンデのゴリランダーの活躍から情報を得て整理しようと思う。

 

一試合での撃破数が多い

f:id:otsk_poke:20221122051351j:image

強さの指標としてはこれが一番分かりやすい。

カルネ戦では脅威の4タテ、サトシ戦でも2タテとフルバトルで複数のポケモンを倒すのが珍しくない。

複数のポケモンを倒せるポケモンは珍しく、それが複数の試合に渡るとなるとどの試合でも複数のポケモンを倒せる強者たる理由になる。

 

ダイマックスさせてもらえる

f:id:otsk_poke:20221122053120j:image

そしてもう一つの根拠はゴリランダーがダイマックスさせてもらえる点だ。

WCSではメガシンカ、Zワザ、ダイマックスは一試合に一つまでしか使えない。

なので勝利をもぎ取る為にはやはり強いポケモンに使用する必要がある。

これはゴリランダーはダンデにダイマックスをさせてもらえるほど信用されているという証だ。

基本的にはエースに使用されがちな権利だが、エース以外に使うにはエースの次に信用されている事にもなる。

 

毎試合出させて貰える

f:id:otsk_poke:20221122175842j:image

これもまた信頼の話だ。

マスターズトーナメントにおいて一回戦から毎試合率先して先に出させて貰えている。

特に一回戦は三対三で六体いる中から三体を選出しなければならない。

その中でゴリランダーが選ばれるのは上記の理由と合わせてダンデから信頼されていると言えるだろう。

 

伏兵ドラパルトの存在

f:id:otsk_poke:20221122053641p:image

サトシとのフルバトルではダンデのドラパルトはメガルカリオ、カイリュー、ウオノラゴンと複数のポケモンと戦った。

 

サトシ戦のドラパルトの戦法

f:id:otsk_poke:20221122053550j:image

ドラゴンテールで複数のポケモンにダメージを与える削り役のような役割を果たしている。

実際これによりサトシのカイリュー、ウオノラゴンは抜群のドラゴン技を食らっている。

 

f:id:otsk_poke:20221122083743j:image

それだけではなくあのメガルカリオがドラパルトに敗北してしまった。

かくとう技二種が無効化されるのでドラパルトに負けるのは仕方ないがダンデ側としてはかなり大きい。

ドラパルトが実際に倒した数は一匹だがサトシ側はエースのメガルカリオを失い残りの二匹はダメージを負った状態になって大きく優位に立った。

 

カルネ戦でのゴリランダー

f:id:otsk_poke:20221122051229j:image

カルネ戦初っ端はダンデが五匹、カルネが一匹という絶望的な状況になっている。

 

f:id:otsk_poke:20221122051351j:image

それもそれもゴリランダーがカルネのポケモンを4匹も倒したからだ。

この件から視聴者の間からダンデのゴリランダーが強いと噂され始めた。

 

f:id:otsk_poke:20221122051456j:image

しかし、サトシ戦を見る限りドラパルトはドラゴンテールによる削り役。

ドラパルトは一匹しか倒せず負けているが、サトシ戦同様ドラパルトで削ってゴリランダーやリザードンで一掃する作戦だった可能性がある。

つまりゴリランダーが美味しいところを持っていった可能性だ。

これは実際にあったことから基づく推測でしかないが、実際ゴリランダーとドラパルトの試合はカットされているのでゴリランダーが全て倒したとは言いきれない。

 

サトシ戦のゴリランダー

f:id:otsk_poke:20221122053531j:image

サトシ戦でのゴリランダーはフットワークも軽く、ネギガナイト戦では相手の盾を利用する機転の良さも見せてきた。

その上で2タテするという強さを見せてくれた。

念の為言っておくとカイリュー、ネギガナイトは予め手負いだ。

手負いのカイリュー、ネギガナイト、ウオノラゴンを相手にした場合2タテだが、カルネのポケモンは手負いじゃないのに4タテ出来るというのは些かパワーバランスが取れてないように見えるのでやはりドラパルトで削ったんじゃないかと考えられる。

 

結局どのくらい強いのか

f:id:otsk_poke:20221122054127j:image

ここまで色々と述べてきたが結局ゴリランダーがどれくらい強いのかまだ判明していない。

なので、戦ったポケモンたちと比較してみようと思う。

 

チャンピオンのエースと比較

f:id:otsk_poke:20221122053852j:image

まずアランのリザードンにはフレアドライブで瞬殺されてしまった。

相性がかなり悪い上に事前にブリガロンからジャイロボールを食らってるとはいえ、エース格には負けている。


f:id:otsk_poke:20221122053855j:image

続いてのサーナイト戦も敗北。こちらは4タテ後且つ描写的にゴリランダーが疲労している描写があったので仕方がないのかも。

 

f:id:otsk_poke:20221122054031j:image

しかし、疲れていてもサーナイトのシャドーボールをはたきおとすで撃ち落とすほどの実力はある。

疲れていてもチャンピオンのエース相手に負けていない。

だがサーナイト、リザードン戦を見る限り条件がゴリランダーに不利ということを加味してもまともにダメージを与えられないまま敗北しているのでこの時点の情報を並べるとチャンピオンクラスのエース未満、高く見てもチャンピオンレベルのエースクラスだろう。

 

チャンピオンのエース外と比較

f:id:otsk_poke:20221122053955j:image

そして他のポケモンとのバトルは圧倒的で、3タテ後に戦ったヌメルゴンのだいもんじをまともに受けても耐えて勝っている。

 

f:id:otsk_poke:20221122054050j:image

アランのブリガロン戦もブリガロン側はダイマックスを凌いで一発与えただけで、ゴリランダーが圧倒していた。

 

f:id:otsk_poke:20221122085846j:image

同じくカイリューやネギガナイトにもまともなダメージを喰らわないまま倒しており、古代の力に目覚めたウオノラゴンが登場してやっと倒せた。

ここら辺の情報をまとめるとチャンピオンのエース外のポケモンよりは断然強いようだ。

 

他のチャンピオンのエースの活躍

f:id:otsk_poke:20221122212816p:image

  1. ダンデのリザードン:一回戦二匹、準決勝1匹、決勝戦0匹
  2. シロナのガブリアス:一回戦1匹、準決勝0匹
  3. ダイゴのメタグロス:0匹
  4. ワタルのカイリュー:1匹
  5. カルネのサーナイト:一回戦2匹、準決勝1匹
  6. アランのリザードン:1匹
  7. アイリスのオノノクス:1匹
  8. サトシのピカチュウ:一回戦準決勝決勝全て2匹ずつ
  9. サトシのルカリオ:準決勝2匹決勝1匹

これはチャンピオンのエースがマスターズトーナメントで倒したポケモンの数だ。

こうして見ると安定して2タテ以上をしているのはサトシのピカチュウぐらいだ。

チャンピオンのエースたちが後発で出てくるという理由を考えても、ゴリランダーの4タテはそう簡単にできることでは無いことが分かる。

 

結論!ゴリランダーはサブエース!

f:id:otsk_poke:20221122061033j:image

ダンデのゴリランダーは他のマスターズエイトのトレーナーのエース外よりは圧倒的に強いため、マスターズエイトのエースクラスに近い実力を持っている可能性が高いというのが俺の結論となる。

あえてエースクラスに近いというぼかし方をしたのはエース2匹に完敗はしているものの、明らかにゴリランダーが不利な条件がいくつか揃った状態で戦わされているからだ。

その上でダンデから三試合とも選出させてもらい、ダイマックス権まで切ってもらえる信頼まで持っている。

そしてその信頼に応え毎試合ちゃんと活躍をしている立派なサブエースと言えるだろう。

ドラパルトの補助の可能性も鑑みてもやはり4タテ2タテを繰り返す実力は異常なので、エースクラスまたはそれにやや劣る程度がゴリランダーの実力だろうと俺の中の結論となった。