おたすけの てだすけ ▽

アニポケが大好きな男のポケモンブログ

サトシのアローラの手持ちの戦績

f:id:otsk_poke:20191129212749j:image

幻のポケモン、ウルトラビースト、御三家、新種の進化個体など特殊なポケモン達で固められたアローラパーティの戦績表です

 

歴代のサトシの手持ち、ピカチュウ、ライバルの戦績まとめはコチラ

 

 

評価基準

Sランク:トップクラス

Aランク:とても強い

Bランク:強い

Cランク:普通

Dランク:少し弱い

Eランク:弱い

適当に考えて付けてるだけなので批判は受け付けてません。まあ考え方は人それぞれということで。

 

勝敗の基準

  1. トレーナー戦のみを計算(試練を除く)
  2. 試練は公式戦として扱う
  3. ロケット団、スカル団などの恒例戦は除く
  4. 不戦勝、不戦敗、不正が働いた試合、中断試合、未決着、不確定要素のある未描写試合、第三者介入試合などは無効試合となる
  5. 勝率に引き分けは含まない

 

ポケモンの性能

ポケモンの能力を自分なりに評価してみます。各項目に書かれている事をどれか一つでも満たしていればかなり評価は高くなります。

①:火力

相手を倒す上で一番必要な能力。しかし素の火力だけではなくそれを当てる技術も必要となる。

  • 単発火力

一回の攻撃でどれだけ相手の体力を削れるか。単純な攻撃力。

 

  • 立ち回りでの火力

いくら素の攻撃力が高くても当たらなければ意味が無い。相手の攻撃力を避けて如何に此方の攻撃を当てるか。

 

  • 撃破力

自分の技で相手のポケモンを倒したかどうか。味方に削ってもらったとしても結局倒せないと意味が無く、相手を倒したという事は少なくても相手を倒せる火力があるのでこれも火力を測る基準となる。

 

防御力

2匹以上倒すとなると当然相手からの攻撃の被弾数も増えてくるので必然と耐える力も必要になってくる。

  • 耐久力

相手の技を何発耐えたか。単純な防御力。

 

  • 立ち回りでの防御力

技での相殺や避けたりして相手の攻撃を食らわない防御力のこと。

 

③:立ち回り

ここでの立ち回りとは技の命中率相手より先に当てる力技を当てるための選択の多さ、防御面では上記のような技の相殺、回避力も基準となる。

  • 運動性能

所謂素早さのこと。速いと速いほど相手に技も当てやすく逆に相手の技も避けやすくなる。

 

  • 体の小ささ

小さいと小さい程相手の攻撃は当たりにくく、逆に言えば此方からの攻撃の当てやすさにも直結する。

 

  • 技性能

でんこうせっかやアクアジェットのような素早い技、みずでっぽうやかえんほうしゃなどの中距離で放つ技、リーチの長さ、隙の少ない技、かげぶんしんやこうそくいどうなど自分の回避力、素早さを上げる技やなどが立ち回りが強い技の基準。

 

  • 判断力

此方はあまり重要度は高くないがサトシの咄嗟の機転に合わせられるポケモンや自らの思考で機転を効かせられるポケモンの評価は少し高い。

 

④:安定性

人間その日によって調子の良さとかあると思います。ポケモンも同じと思っていていつも同じ実力は発揮出来る訳では無いので安定性も考慮しようかなと思っています。

  • 公式試合の勝率

非公式試合と比べて重要度は高く、人間と同じく本番に強いタイプのポケモンも居るかもしれないので基本的には公式試合を参照する。

 

  • 最低でも一匹を倒せる能力、またそこから二タテ以上する能力

偶に強いヤツ倒せるけど一匹も倒せない時もあります!というポケモンよりも常に相手のポケモンを倒せるポケモンの方が評価は高い。そこからニタテ以上出来るならまた評価が高くなる。

 

  • 相手のエースを撃破出来るか

だからと言って強いポケモンには勝てませ〜んでは話にならない。相手のポケモンの格や強さも考慮する。

 

  1. Sランク(トップクラス)
  2. Aランク(強め)
  3. Bランク(やや強め)
  4. Cランク(普通)
  5. Dランク(やや弱め)
  6. Eランク(弱め)

これぐらいのイメージでやっていく。基本はC、Bランクが多めとなるだろう。

 

ピカチュウ

f:id:otsk_poke:20191130061523j:image

技:10まんボルト、でんこうせっか、アイアンテール、エレキネット

戦績:16勝2敗1分  全体勝率:88.8%

公式戦:14勝1分  公式戦勝率:100%

非公式戦:2勝2敗  非公式戦勝率:50%

SM9話 デカグース(メレメレ島試練)◎

SM9話 ぬしデカグース(メレメレ島試練)◎

SM10話 ハリテヤマ(ハラ)◎

SM30話 オドリドリ(ジェイムズ)◎ *1

SM43話 メガギャラドス(カスミ)◎

SM76話 ミミッキュ(ムサシ)◎

SM100話 ゼラオラ(ディア)×

SM101話 ゼラオラ(ディア)ー

SM104話 ゴルーグ(ハプウ)×

SM109話 バンバドロ(ハプウ)◎

SM115話 グソクムシャ(グズマ)ー

SM129話 ウソッキー(トレーナー)◎

SM129話 ニョロボン(トレーナー)◎

SM129話 オニシズクモ(トレーナー)◎

SM129話 ギャラドス(トレーナー)◎

SM129話 エアームド(トレーナー)◎

SM129話 ブロスター(トレーナー)◎

SM137話 グソクムシャ(グズマ)◎

SM138話 シルヴァディ(グラジオ)◎

SM139話 ゾロアーク(グラジオ)△

SM144話 カプ・コケコ(ククイ博士)◎

総合評価:Sランク

ピカチュウの強さは基本振れ幅大きいけど今作は常にAランクぐらいはあって、1000万ボルトよ火力でどんな強敵も粉砕出来るというイメージ。相手の強さによったピカチュウの強さが跳ね上がるのはAG、DPでもそうだったが今回の場合常に強い上に急激に強くなることがあるのでSランク評価。

 

  • 火力:Bランク(Zワザ込みSランク以上)

攻撃力は通常よりも少し高い程度だが1000万ボルトを使用すれば相手を確実に一匹持って行ける力がある。これがとてつもなく強い。

撃破力も高いが基本的にはトドメにはZワザに頼ることが多いのでBWXYと差ほど変わらなそう

 

  • 防御力:Aランク

防御面に関しては耐久力は差ほど高くないがエレキネットで広範囲の技をカバーできてバリアーの代わりにも出来る。

公式戦負け無しという点を見ても今作のピカチュウは防御力が高いのは間違いないだろう。

 

  • 立ち回り:Sランク

小さい!素早い!中距離技ある!素早い技もある!エレキネットで身動き封じれる!

もはや文句の言いようがなく、元々強かった立ち回りにエレキネットが追加されてそこに火力の高いZワザがあるならそりゃ強いよなって感じ。

 

  • 安定性:Sランク

安定性は過去一番の安定力。なんと今作のピカチュウは公式試合負けなし!一対一もほぼ勝っており、メガギャラドス、グソクムシャ、カプ・コケコと数多くの強敵に勝つだけではなく決勝戦ではシルヴァディ、ゾロアークの2タテ、予選では6タテをしている。ピカチュウ最強伝説爆誕である。

 

モクロー

f:id:otsk_poke:20191209104950j:image

技:ブレイブバード、たねばくだん、はっぱカッター、フェザーダンス

戦績:8勝4敗 全体勝率:66.6%

公式戦:6勝2敗  公式戦勝率:75%

非公式戦:2勝2敗  非公式戦勝率:50%

SM8話オドリドリ(ジェイムズ)×

SM9話ヤングース(メレメレ島試練)◎

SM9話ぬしデカグース(メレメレ島試練)×

SM10話マケンカニ(ハラ)◎

SM35話ポワルン(アーカラ島試練)◎

SM36話ダイノーズ(ライチ)◎

SM97話フクスロー(ハウ)×

SM97話フクスロー(ハウ)◎

SM118話クリムガン&ジヘッド(リュウキ)◎

SM133話ジュナイパー(ハウ)◎

SM142話ウォーグル(ククイ博士)◎

SM142話フシギバナ(ククイ博士)×

総合評価:Cランク

戦い方はたねばくだん、はっぱカッターの中距離攻撃を絡めながらブレイブバードで相手にダメージを与えることが多い。またフェザーダンスによる技の回避も出来る模様。

 

  • 火力:Cランク

何発当てても相手が倒れないことも無いし、ブレイブバードもあるので必要最低限の火力技は揃っている。

 

  • 防御力:Dランク

非公式戦のハウ戦やククイ戦、ライチ戦を見る限り耐久力は低い。

フェザーダンスで回避力がなければもう一段階ランクを下げていたがさすがにフェザーダンスはそこそこ強い。

 

  • 立ち回り:Aランク

小さいことと中距離技がある上に飛行タイプなので上から叩けるのが強み。

素早さは高いという描写がないので普通ぐらいと思われる。

判断力の高さはSランク並でアーカラ試練ではニャビーの代わりに自ら攻撃を受けたりサポート能力に長けている印象。

エキシビションマッチでのククイのウォーグルとの戦闘ではルガルガンがダメージを与えていた場所をピンポイントで狙い撃破するなどモクロー独自の判断能力や高さが光っていた。

 

  • 安定性:Bランク

勝率は高いがやはり強敵相手との戦闘が少なくて精々ジュナイパーぐらいだがそのジュナイパーもジャッジミスで試合中断があったため上手く判断はできない。

 

ガオガエン

f:id:otsk_poke:20191209105004j:image

技:だいもんじ、ニトロチャージ、ほのおのキバ、リベンジ

戦績:6勝3敗1分 全体勝率:66.6%

公式戦:3勝1敗1分  公式戦勝率:75%

非公式戦:3勝2敗  非公式戦勝率:60%

  • ニャビー

SM35話ぬしラランテス(アーカラ島試練)◎

SM63話ガオガエン(ロイヤルマスク)×

  • ニャヒート

SM63話ガオガエン(ロイヤルマスク)×

SM81話ブーバーン(マッドブーバー)◎

SM81話エレキブル(ミスターエレク)◎

SM125話ニャビー(ガオ)◎

SM136話ハッサム(グズマ)◎

SM137話グソクムシャ(グズマ)×

SM142話フシギバナ(ククイ博士)◎

SM143話ガオガエン(ククイ博士)△

  • ガオガエン

戦績なし

  • 評価:Cランク (ブラスト状態:Sランク)

大試練出場回数ゼロなニャヒートくん。ちなみにCランク評価なのはニャヒートであってガオガエンではないです(そもそも戦ってないし)

戦い方はニトロチャージで素早さを上げてから軽い身のこなしで相手の懐に飛び込みリベンジやほのおのキバを決めるスタイル。

ガオガエンになるとスピードは落ちるだろうから今現在のスタイルは全然別物かもしれない。

 

  • 火力:Cランク

ポニ島でのカキ戦では火力の低さに悩まされていたがだいもんじも習得してそれも解決。

四倍だから当たり前といえば当たり前だがハッサムを不意の大文字でワンパン。

正直大文字がなければDランク辺りだった。

 

  • 防御力:Bランク

特筆すべき点はないがククイ戦ではじごくづきを三発ほど耐えており相手の格を考えれば耐久力はまあまああるのかと思える(ブラスト状態でも耐久力は上がらない事を前提)

 

  • 立ち回り:Cランク

ニトロチャージで運動性能を上げることが出来て、中距離技も一応大文字があるので必要最低限の物は揃ってる。

 

  • 安定性:Cランク

正直試合数が少ない上にイレギュラーありすぎてまともに判断出来ないので普通という意味でのCランク。

ライバルはククイ博士のガオガエンというSMサトシのポケモンのライバル役の中では間違いなく最強のポケモンであり、具体的にはメガボスゴドラを瞬殺するぐらいククイのガオガエンは強い。

ブラストニャヒートならめちゃくちゃ強いが素のニャヒートは恐らくこのぐらいで、やはりグズマのグソクムシャ相手にある程度粘ったのが印象的。

リーグベスト8以降となると相手のエースポケモンに食らいつけるポケモンはかなり少ないので必要最低限の強さは持っていると思われる。

ちなみに143話のガオガエン戦はその後すぐにニャヒートも戦闘不能と審判長ハラに言われたのとフルバトルの途中というのもあり引き分け扱い。

 

ルガルガン

f:id:otsk_poke:20191209105015j:image

技:ストーンエッジ、アクセルロック、カウンター、かみつく

戦績:7勝4敗 全体勝率:63.6%

公式戦:5勝1敗  公式戦勝率:83.3%

非公式戦:2勝3敗  非公式戦勝率:40%

  • イワンコ

SM19話ドロバンコ(ヒロキ)◎

SM36話ルガルガン(ライチ)◎

  • ルガルガン

SM47話タイプ:ヌル(グラジオ)×

SM74話ワルビアル(クチナシ)×

SM77話ワルビアル(クチナシ)◎

SM77話ヤミラミ(クチナシ)◎

SM77話アローラペルシアン(クチナシ)◎

SM105話ルガルガン(グラジオ)×

SM139話ルガルガン(グラジオ)◎

SM142話ウォーグル(ククイ博士)×

SM145話リザードン(カキ)◎

総合評価:Aランク

サン&ムーンシリーズのエースであるルガルガン。

島キングのポケモンを三タテするぐらい強い。三タテといえばアニポケ内ではそんなに多くないのでこれだけでもかなり強い部類といえる。

戦い方はストーンエッジで相手をコントロールしながら近付いてくる相手には持ち前の耐久力を活かしてカウンターを決めることが多い。ストーンエッジが地面から突出する技なので飛行タイプに強い岩タイプでありながら岩技が当てにくい。

 

  • 火力:Aランク

クチナシ戦を見る限り赤目になった後のパワーは凄まじく大体ワンパンで済むほど。

その後は耐久力の高いグラジオルガルガン(以下グラルガ)や主力技のストーンエッジが飛んでる飛行タイプに当たらないというシーンがあったので技構成を見直すべき。

 

  • 防御力:Sランク

アニポケシリーズ屈指の耐久力でカプ・ブルルの特訓ではグラスフィールド中のウッドハンマー、ウッドホーンと引っこ抜いた木の薙ぎ払い攻撃を耐えてクチナシ戦ではワルビアルの泥かけ、砂地獄、ヤミラミのかげうちを10発程度、シャドークローを15発程度、アローラペルシアンのあくのはどう三発、つじぎり二発を結構余裕を持って耐えている(余裕があったのは途中ブルルから貰ったオボンのお陰かもしれないが)

その後の決勝戦もグラルガのカウンター三発、ストーンエッジ二発、剣舞逆鱗を耐えているという物凄い耐久力。

またエキシビションマッチではウォーグルの高度800mからのフリーフォールを耐えている。これの何がすごいか具体的に言うとAGシリーズでは体力が高いと名言されておりそれまでピンピンしていたフリーザーが超高度からのちきゅうなげで戦闘不能になっていたり、XYシリーズではプリズムタワーから落ちたピカチュウをサトシが命をかけて守るほど、SMシリーズでもコケコの特訓途中で崖から落ちたピカチュウを庇っていて、ハプウ戦では高い位置から落下するピカチュウをあのままじゃ助からないと言われるほどであり、アニポケシリーズでは高い位置から落下させる技は物凄い威力なのである。

つまりサトシのルガルガンはめちゃくちゃ耐久力が高い。

 

  • 立ち回り:Dランク

アクセルロックがあるのはいいが、中距離技のストーンエッジが一直線で起動が読みやすすぎるのと空中に居れば避けられてしまう。カウンターも立ち回り状相手の攻撃を受けて返す性能なので立ち回りは弱めと言わざる得ないだろう。

 

  • 安定性:Bランク

島キングクチナシのポケモンを三タテ、決勝戦ではグラルガの撃破、大試練ではピカチュウと半々で島キング、島クイーンのエースポケモンを倒す活躍をする。

エキシビションマッチではウォーグルに敗北したがそのウォーグルは過去にグズマのグソクムシャを倒した実績もあるのでそこまでマイナスにはならないものの、やはりそこを勝ってこそのエースだとは思うので安定性はBランク止まりな印象。

最低でも一匹は倒す安定性は欲しいところだ。

 

メルメタル

f:id:otsk_poke:20191209105019j:image

技:ラスターカノン、ダブルパンツァー、かたくなる、ずつき

戦績:3勝2敗 全体勝率:60%

公式戦:2勝2敗  公式戦勝率:50%

非公式戦:1勝0敗  非公式戦勝率:100%

  • メルタン

SM118話クリムガン&ジヘッド(リュウキ)◎

SM130話スリーパー(ザオボー)◎

  • メルメタル

SM138話シルヴァディ(グラジオ)×

SM142話エンペルト(ククイ博士)◎

SM142話ガオガエン(ククイ博士)×

  • 評価:Bランク

負けた試合がどちらも超強敵。それ以外は圧勝している。

強敵に負けるか圧勝かの二択なので少し分かりづらい強さをしている。

戦い方は持ち前のパワーで相手を圧倒するスタイルでラスターカノンやダブルパンツァーがまともに当たれば一撃で倒すことも多くザオボーのスリーパーやククイのエンペルトなどもこの高火力の前に敗れた。

 

  • 火力:Sランク

スリーパー戦ではラスターカノンで一撃、半減とは言えバクガメスのZワザを余裕で受けきったシルヴァディにダブルパンツァー二発、ラスターカノンで削りグラジオ本人にもすごい威力と言わせる、タフさが売りらしいエンペルト戦ではガードしてるエンペルトを上からラスターカノンで尻もちさせたりダブルパンツァーは二発目で大きく吹っ飛ばして一気に戦闘不能にさせるほど。

単発火力はかなり高い反面足が遅い、デカい、ダブルパンツァーのモーション長いと立ち回りでの火力には期待出来ない。またリーチの長いダブルパンツァーと中距離技のラスターカノンがあるのでそれだけで勝てそうだが。

 

  • 防御力:Dランク

三発、四発で沈むことが多い。これだけなら耐久力は悪くないんだが遅くてデカいので立ち回り上の防御力に期待出来ない上にダブルパンツァーのモーション長すぎて技の相殺には向いてない。

耐久力だけで言えばCランク〜Bランク相当だが防御力で言うならここが妥当だろう。

 

  • 立ち回り:Eランク

分かりやすい長所を持っているがグラジオ戦を見る限りまだ進化したてなのでスタミナに不安がある様子で上記の通り立ち回りが非常に弱い。進化てからかたくなる、ずつきを使っていないので実質技のレパートリーも二種類だけ。

良くも悪くも自分の強みを相手に押し付けるタイプでダブルパンツァーのリーチの長さやラスターカノンで相手を近付けさせないという戦い方になる。

 

  • 安定性:Cランク

ガオガエン戦は事前にエンペルトを倒してタイプ相性も強さも技構成も不利だったので仕方ないがやはりグラジオ戦ではシルヴァディを削るだけ削って退場なので安定性だけで言えば現段階では普通としか言えない。

余談だけどサトシがアローラにまた行った時はメルメタル連れてキョダイマックスして欲しいところ。

 

アーゴヨン

f:id:otsk_poke:20191209105042j:image

技:ヘドロばくだん、シザークロス、りゅうのはどう、10まんボルト

戦績:1勝1敗 全体勝率:50%

公式戦:1勝1敗  公式戦勝率:50%

  • ベベノム

戦績なし

  • アーゴヨン

SM143話 ルカリオ(ククイ博士)◎

SM144話 カプ・コケコ(ククイ博士)✕

  • 評価:Aランク

エキシビションマッチの決戦前夜にやってきたアーゴヨンさん。

ベベノム時代は超可愛い。ククイ博士のルカリオを討ち果たす。

戦い方はスピードを活かしてシザークロスで攻めることも多いが中距離技も豊富。シザークロスは防御されてもその針の先からヘドロばくだんを放出出来るので迂闊に受け止めることが出来ないのはアーゴヨンの強み。

 

  • 火力:Cランク

普通の火力。データ少ないので特筆すべき点はなし。

 

  • 防御力:Aランク

素の耐久力も高いが立ち回りでの防御力もかなり高い。ポケモンバトルはトレーナー側が立ち回りに関与してくる関係上耐久力>立ち回りでの防御力という順番で評価してるのでAランク。

耐久力はルカリオのインファイト、しんそくとその後カプ・コケコ戦でマジカルシャインを二発まで耐えている(大半のポケモンは伝説ポケモン相手に一発目、または二発目で戦闘不能)

 

  • 立ち回り:Sランク

超素早くカプ・コケコに追いつくほどであの超速バトルは必見。マジで目に追えない速さをしている。俺でなきゃ見逃しちゃうね。

こんなに伝説ポケモンとガンガンやれるポケモンはピカチュウやリザードン、ジュカインと言ったエースレベルのポケモンなのでさすがウルトラビーストと言ったところか。

しかし立ち回り上ではコケコに一撃しか技を当てていないが、ハッキリ言ってカプ・コケコが立ち回りが強すぎたので仕方ないと言える。

 

  • 安定性:Cランク

とりあえず最低一匹は倒せるみたい。

一試合しかやってないのでこれより上もこれより下もないだろう。

 

総評

f:id:otsk_poke:20200520213136j:image

  • 総合評価:Aランク

 

歴代最強のピカチュウ、エースのルガルガン、ウルトラビーストのアーゴヨン、幻ポケモンのメルメタル!

こんなメンツで弱いはずもなく…… 歴代のサトシの手持ちでもかなり強い部類に。

突出して強いのはピカチュウぐらいで他の世代のエースに比べてイマイチ物足りないけど全体のアベレージは高いというイメージ。

どうでもいいけどニャヒートはガオガエンに進化せず、サトシママに引き取られる展開を妄想してました。

 

珍しい姿をしたルガルガン、ウルトラビースト、幻のポケモンと今までと比べて異色のパーティですがこれはこれで面白いですね。

*1:使用者リーリエ