おたすけの てだすけ ▽

アニポケが大好きな男のポケモンブログ

シゲルはサトシとゴウを成長させるキューピットなのじゃ【トライアルミッション! 氷結のレイドバトル!!】

f:id:otsk_poke:20220405230529j:image

トライアルミッション! 氷結のレイドバトル!!感想
脚本:米村正二

絵コンテ:樋口香里

演出:佐々木純人

作画監督: 五十嵐俊介、南伸一郎

 

 

YouTubeチャンネル開設!

f:id:otsk_poke:20220407131544j:image

 

宣伝

当チャンネルではアニポケに関する感想・考察やポケモン全般の 情報を追うチャンネルとなります!

よろしければ、チャンネル登録、高評価よろしくお願いします!

 

トライアルミッション!氷結のレイドバトル!!

YouTubeにアップした動画に大体言いたいことは言ってある

その他にYouTubeで言えなかったことはおたすけ評価の方で書くつもりだ

それはそうと初めて動画を作ったにしてはまあまあ完成度高くないですか???誰かを俺を褒めてくれ

 

おたすけ評価

f:id:otsk_poke:20220405125537j:image

トライアルミッション!氷結のレイドバトル!!:★★★★★★★★☆☆

個人評価:★★★★★★★☆☆☆
おたすけ評価星八つ!

  • 重要回の評価基準
  1. 起承転結
  2. 主役の活躍度
  3. ストーリー
  4. 展開
  5. 演出
  6. 作画
  7. キャラクター
  8. その他

上記の内幾つかの項目を満たしている。またはどれかに特化しているか。
赤文字がプラスポイント青文字がマイナスポイントだ。
また上記の項目は上から重要な物になっていくがこれは人の好みによって評価が変わるためあくまでもおたすけの評価として見てください。

 

ストーリー

今回のドラマ性部分で評価が上げられる部分で言えば、やはりシゲルの「未熟な者を許し、夢や希望を与え背伸びさせた挙句最悪の結果を招く」というセリフについてだ。

米村さんは随分と凝ったセリフのチョイスをするんだなと感心すると同時に、セリフの真意について色々考えたが過去のシゲルについてリンクさせているのが分かる。

新無印の逆襲ミュウツー回のインタビューでも言っていたが元々米村さんは、過去キャラを扱う場合は作品を見た上で解釈してキャラの役割を予め決める傾向にあった。

逆襲ミュウツーとは矛盾のないように解釈したと雑誌では言っていた。

過去の自分を反省して、昔のサトシや今のゴウの未熟な部分を正す役割にシフトしたのは面白い試みだ。

こういう過去の積み重ねが感じられるのはいい所だね。

 

展開

お互いを認め合い、名前を初めて呼び合う王道展開は普遍性で加点が入る。

今まではシゲルの方がゴウよりも数歩先に進んでおり、現在もその実力差は変わっていないがゴウが自分の未熟さを自覚したことによりシゲルはゴウのことを認めてくれたようだ。

またゴウ側もシゲルに対してただの嫌味な奴という印象から、嫌味な奴だけどミッションの中で何かを気付かせてくれることを理解出来ていた。

 

演出

道中野生のポケモンに襲われた際にサトシを突き飛ばして野生のポケモンをゲットしていたりとゴウの未熟な部分や協調性の無さについて細かい演出が入っていた。

他にもゴウがシゲル同様にツルギの厳しさに共感する時の回想やシゲルがゴウを煽っていた理由など今までの物語の点と点が徐々に繋がるような演出はドラマ性、展開を補助する物としてとても優秀である。

しかしながらゴウの協調性がない点や未熟な部分というのは普段はあまり顔を見せていないため、やや都合がいい脚本とも捉えられる。

なので、微加点と言わずとも大きな加点には入れていない。

 

作画

忍田雄介さんが一部担当していたのでフリーザーが攻撃する時はやたらと作画がよかった。

 

f:id:otsk_poke:20220407130608j:image

動きなんぞ見なくても一枚絵で作画の良さが分かってしまう。最高だ、忍田さん。

 

キャラクター

上記で語っているがゴウとシゲルの関係性について深堀りされていた回だった。

これからの二人がどうライバル関係を築くのが個人的にも楽しみである。

 

最後のまとめ

f:id:otsk_poke:20220405125539j:image

感覚的には★6か7ぐらいかと思っていたが細かく点数を付けていたら、思った以上にゴウのストーリーとして完成度の高い話だった。

それだけにこういう話をもう少し早くやっていればよかったなとは感じた。

終盤である三年目に精神的な成長描写(しかもまだまだ未熟である)をやるのは遅くないか?

プロジェクトミュウが一年目に始動していたらまた違っていたのかもしれない。

正直アローラキュウコン、ウルガモスの回ではクオリティが予想以上に低くてダメかと感じていた。

しかしキングドラ、フリーザー回は予想以上にクオリティが高い回だったのでこれはさすがにプロジェクトミュウに期待してしまう。