おたすけの てだすけ ▽

アニポケが大好きな男のポケモンブログ

久々に登場したプラスルとマイナンがめちゃくちゃ可愛い

f:id:otsk_poke:20210414032849j:image

まるっとおまかせ!プラスルマイナン便利屋さん!! 感想

脚本:藤咲淳一

絵コンテ:尼野浩正

演出:又野弘道

作画監督:新城真、升谷有希

 

 

プラスルとマイナンが可愛すぎる件について

f:id:otsk_poke:20210414034419j:image

パチリス、エモンガ、デデンネ、トゲデマル、モルペコなどのいわゆる偽ピカ枠と呼ばれるピカチュウに似た電気ポケモン枠はプラスル、マイナンから始まった。

 

f:id:otsk_poke:20210414035148j:image

だがパチリス達は対戦(ダブルバトルのセジュン)やらネタ(エモンガ、デデンネ)で使われている上にアニポケレギュラーキャラも持っているのにプラスル、マイナンだけは二種類居たせいかアドバンスジェネレーション時代にハルカ等のレギュラーキャラの手持ちに加わってないせいで如何せん影が薄かった。

その上で偽ピカ枠では一番弱いと来たもんだ。

 

そんな彼らにもついにメイン回が!!

 

f:id:otsk_poke:20210414035224j:image

いや、やっぱりプラスル、マイナン可愛いな!

偽ピカ枠だと個人的には一番可愛いと思ってるからまさかのメイン回は嬉しい!

 

f:id:otsk_poke:20210414035903j:image

マルプリのキャラも濃くて、まるっとお任せ!というキャッチが覚えやすかった。

 

f:id:otsk_poke:20210414035704j:image

見た目だけならサン&ムーンシリーズに出てきたピカーラさんにも似ている。

余談だけどおたすけはピカーラお姉さんが大好きだ。

 

f:id:otsk_poke:20210414040030j:image

その上ドジっ娘属性まで付いているので一部で人気が出そうなゲストキャラだなぁ。

コロトックコロミも人気あるし。

 

f:id:otsk_poke:20210414040118j:image

あとはやっぱりマイナンのジト目が可愛い。

そのポケモン固有の性格が出るのって結構好きなんだけど、元気なプラスルとドライなマイナンという正反対な二匹が居ることでより可愛さを際立たせている気がする。

 

プラスル、マイナンの声優はからあげ姉妹

f:id:otsk_poke:20210414040313j:image

プラスルの声優が松村沙友理さん(画像右)

マイナンの声優が生田絵梨花さん(画像左)

 

インテレオンのトレーナーの俳優が棒読みすぎてヤバかったけどからあげ姉妹の演技は結構よかったと思う。

普通に他のポケモンの役やらせても問題ないレベルで感情の起伏も再現出来てたし棒読み感も全然なかった。

 

プラスル、マイナンの役は声優じゃなくてアイドルだよと言われてもえ?マジ?とか思っちゃうレベルだ。

 

f:id:otsk_poke:20210414041546j:image

  1. クリオネの灯り(ミノリ役)
  2. 少年アシベGO!GO!ゴマちゃん(ひらお役)
  3. SNSポリス(大金もち子役)
  4. ポケットモンスター(プラスル役)

 

マイナン役の生田絵梨花さんはアニメで声優をやるのは初めてだが松村沙友理さんは上記のキャラを演じたことがあるとのこと。

 

なるほど、そりゃ慣れているわけだ。

 

ロケット団どうしたん????

f:id:otsk_poke:20210414042024j:image

あまり深く考えることでもないけど今回のロケット団のテンションはどこかおかしかった気がする。

 

f:id:otsk_poke:20210414042237j:image

過去作では自分の仲間がピンチの時は惜しみなく助けに行こうと利害が一致した時はロケット団も協力してくれることもある。

今回もその例に漏れずサトシ達と協力してケンタロスの下敷きになったニャースとケンタロスを救出するのだが何故かコジロウがツンデレに。

 

ロケット団を見すぎた身としては多少の違和感を覚えたけどまあ、今日のロケット団はこういうテンションなんだなということで解釈しておいた。

 

f:id:otsk_poke:20210414042626j:image

コジロウ辺りは情に厚い性格だがムサシがこういうことを言うのは珍しい。

アドバンスジェネレーションの「マネネ登場!休息の館!!」やダイヤモンド・パールの「ラクライ訓練センター!」などの話ではコジロウは情に厚いのでサトシ達に協力することが多くムサシは非情な部分が多いのであくまでも任務を遂行することが多い(その為コジロウとムサシで対立することもしばしばある)

だからこそ先程の一旦は反発精神を見せたコジロウに違和感を覚えたのかもしれない。

 

ロケット団が普段はやらないような行動を見せているのだ。

 

新無印30話:いやいやピカチュウ、やれやれバリヤード

しかしながらこっちでも書いてあるけど、人間誰しもいつもとは違う一面をたまには見せることもあるので、多少いつもとキャラが違ってもさっき言った通り今日はそういうテンションなのかwで済ませることも出来る。

 

ロケット団オタク辺りはツンデレなコジロウやムサシが見れて満足してそう。

 

今回もプラマイの可愛さやロケット団のツンデレ、からあげ姉妹の演技など見どころが結構ありましたね!